そのコードバンの財布で本当にいいの?

革のダイアモンド!コードバンの基礎知識

コードバンは馬のお尻の部分からごくわずかにとれる非常に貴重な高級革です。

そのため「革のダイアモンド」や「幻の革」と呼ばれています。

コードバンは丈夫な革質をしており、強度は牛革の3倍もあると言われています。

そのためコードバンで作った財布は長期に渡って使うことができ、それほどの強度を持ちながらも、手触りはなめらかで落ち着いた感触をしています。

コードバンは馬1頭からとれる量がごくわずかで、少数生産されている農耕馬からのみ採取できるので、非常に入手困難な革です。

希少性の高いコードバンを手に入れるためには、1年以上も前に革を予約しなくてはならないほどです。

そのため、職人が手作りで作っているショップでは、コードバンを使った財布は頻繁に在庫切れ(製造中)になっています。

もし、在庫があったら早めに買うことをオススメします。

日本製コードバンの財布ならココマイスターがオススメな理由

ココマイスターのコードバンシリーズ

もし、アナタがそれなりのクオリティを備えたコードバンの財布を買いたいならココマイスターで買うことをオススメします。

というのも、ココマイスターのコードバンの財布は、ヨーロッパの高級革を輸入し、日本人の財布職人が作っている日本製です。

また、ココマイスターの革は財布職人が「こんな上質な革を縫製するのは久しぶり。」と言うくらい高品質なものだからです。

「上質な財布」には「上質な素材」と「熟練した職人の技術」のどちらも欠かせません。この2つをしっかり満たしているのがココマイスターの財布なのです。

長財布は小銭入れが付いていないので、そのぶん札束が100枚以上も入る仕様となっております。

このコードバンの長財布に1万円札を100枚入れることを目標に仕事を頑張ってみるのもいいですね!

2つ折りの財布の場合、折り曲げるところの革が弱いとすぐにダメになってしまいますが、丈夫なコードバンならそんな心配もありません。

この他、ココマイスターではコードバンの革を使った小銭入れや名刺入れなどがあります。

ただし、「製品製造中(在庫切れ)」のものが多いので、その場合は「販売お知らせメール」に登録することをオススメします。そうすれば、在庫が入った時に優先的にメールには連絡がきますから。

ココマイスターの歳はできるビジネスマンに人気なので、20代後半から40代の彼氏や旦那様へのプレゼントとしてもいいと思いますよ。

2万5000円以上のコードバンを選ぶことをオススメします

コードバンは大量にとれる革ではないので、希少価値が高く、そのためそれほど安くありません。

財布職人が作ったものなら最低でも2万5000円はします。

逆に、2万5000円以下のものは、コードバンを謳っていてもすぐにダメになってしまう可能性大です。

特に、ファッションブランドから出ている財布には注意して下さい。

ファッションブランドは洋服を作るプロかもしれませんが、財布のプロではありません。

どんなに有名なブランドでも、コードバンの財布を買ったらすぐにボロボロになってしまった・・・という声もあります。

もし、コードバンの財布を買うなら、財布専門的・革専門店から買うことをオススメします。

おすすめサイト